空振りが多い時の理由として、まずテイクバックの際に問題がある可能性もあるのです。テイクバックの際にグリップの位置が下がっていると、体がピッチャーの方に突っ込んでしまい、ボールを迎えにいくような格好になってしまうでしょう。すると、トップの位置が不安定になってしまい、空振りが多くなるでしょう。今のあなたのグリップの位置で、本当にテイクバックがしやすいのかどうかを確認してみましょう。また、大き過ぎるテイクバックや、テイクバックを意識し過ぎて、テイクバックからスイングのまず最初に余計な力が入り過ぎるのも空振りの原因になってしまうでしょう。はじめにテイクバックを修正することにより、空振りする回数もとても少なくなります。バッティングの際に力み過ぎて肝心なインパクトが疎かになってしまいも、空振りの原因となってしまうのです。スイングの最初から最後まで力づよく振ろうとしても、綺麗な軌道は描けないでしょう。実際、飛ばそうと力めば力む程、空振りしてしまうはずです。バッティングは力まず楽に振る方が、実はよく当たるものなのかもしれませんね。それから、ボールから目を離すタイミングが早過ぎても、やっぱり空振りしてしまいます。インパクトの瞬間まで決してボールから目を離さないよう、常に意識することが大切なんです。あなたが野球初心者ですと、単純にまだボールに慣れていなくて空振りしている場合もあるので、練習で回数を重ねていけば打てるようですよねー